フィールドアロー運営家具店
「フィンガーマークス」



2002年、私たちは京都・高倉二条でUSED家具の販売をスタートしました。 finger marksは、直訳すると“手あか”。 手あかがつくほど風合いの増す、愛着の湧く家具をお届けしたいとこの店名をつけました。 モノを大切にしていた古きよき時代の家具を扱っているうち、 これから新しく作る家具も、直しながら使い続けられるものにしたいと 強く感じるようになっていたのです。 時が経つほどに、まるで家族が増えるように、大切なモノが増えていく暮らしを願って。 今日も工房にはものづくりの音が響きます。






フィンガーマークスのオリジナルチェア

finger marksでは、その屋号の意味の通り、手垢のつくまで愛せるオリジナルチェアを製造販売しています。上質な素材を使った飽きのこないデザインと修理のしやすい構造にこだわり、直しながら使いこむことで齢とともに価値を増す「使い捨てられない」家具を目指し、京都の工房にて一点一点手作業で仕上げています。デザイナー兼職人長である岡野裕一(31)は、京都精華大学油彩科卒業後、塗装職人としてキャリアをスタートし「家具クリニック」の職人長へ。2014年より椅子のデザイン製作を開始。以後7脚のオリジナルチェアを次々と生み出しています。

オリジナルチェア 詳細へ >




   
オリジナルチェアからヨーロッパブランドのリメイク品まで >   ダイニングテーブルからサイド・リビングテーブルまで >   職人手作りオイルWAXなど、永く使えるメンテナンス品です >






 

フィールドアローの職人たち
Read more  >
  会社概要
Read more  >

Logo

会社概要 | お問い合わせ

Copyright © FIELD ARROW Co.Ltd. All rights reserved.